東京埼玉のペットリフォーム会社OkaDen

ワンちゃん猫ちゃんも大事な家族ですから♪

 

最近日本では当たり前のように言われる「高齢化」。

高齢者が増えるといった意味で言いますと

これは人間だけのものではありません。現在ペットブームが

すごい勢いできておりますので今後ペットたちの「高齢者増加」

も進むと考えられています。もちろん、新たなペットを迎えるという

こともあるでしょうが、歳をとってもかわいい家族に変わりはありません。

例えば平均寿命13歳のワンちゃんの場合、何歳から高齢?というと

おおよそ平均寿命の75%ほど達したあたりから「高齢」と呼ばれるそうです。

そうなりますと概算ですが10歳ごろから「高齢」となるのです。

そうなってからは食べ物や運動、身体に気を使うようになりますね。

人間と同じです。

ですが、人間の例で散歩をしていた方としていなかった方を比べると

健康年齢(日常生活を介護を必要とせず送れる年齢)が違うそうです。

特に女性に関しては3歳近く違うそうです。

若いうちからのケアによって高齢になってから違いが出てくるのです。

これはペットにも同じことが言えそうです。

若いときにしゃかりきに動いて、おうちの中のフローリングでシャカシャカ

滑って転んでいる姿などは一瞬思わず、かわいい!と思ってしまいますよね。

ですが、これがワンちゃんたちには、間接や腰にかなりの負担を強いているのを

ご存知でしょうか。

脱臼、ヘルニアの原因にもなります。じゃぁ、若いうちからのケアとは。

もちろん定期的なお散歩はもちろん、おうちの中でいうならば、

段差の解消や、さきほどの「シャカシャカ滑って転ぶ」これを解消して

あげることも重要なことの一つかと思います。

例えばすぐにできること「滑り解消」。

滑り止め機能の付いた床材に張り替えるパターンももちろん有効です。

もし、工事期間中の音とか・・・う~ん・・・というのなら

一日施工で済むコーティング、これならどうなんでしょうか。

もちろんワンちゃん猫ちゃんの足のすべり防止といった効果があります。

その他にも実は数点、付加価値があるのです。

長い目で考えてみてください。

 

ペットを室内飼いする—ペットたちが足を滑らせながら毎日遊ぶので

床材も傷だらけ—ペットもたまには、あるいはしょっちゅう粗相をする

—後でふき取ったが床にシミが—その水分は確実に床材奥にまで浸透する

—匂いが出始める—年に数回あるいは一回ワックスを頑張ってかける—

シミは残ったまま—床のキシみが特定の箇所がすごいことになってきた

—ここは歩けない今にも抜けそうな床—ペットたちの足腰が弱る

 

と、ここまでくると、床材は匂いを放ち、重い体重の方が乗ると抜けそうな

腰の抜けた床があちらこちらに。ペットたちも歳を取り足腰にきてしまい、

少し早い気がするが、、、しょうがない病院に、床材もそろそろ貼り替えないと

 

例えばこの例を早い段階でコーティングをしていたら・・・

 

もともとあった目立つ傷は補修—きれいな床に変身—ペットたちが足を

滑らすことなく遊ぶ—コーティングにより傷もつきにくい—ペットもたまには

、あるいはしょっちゅう粗相をする—後でふき取ったら綺麗なまま—

床材に染み込まない—匂いも出ない—15~20年ワックス要らずメンテもほぼ

不要で楽ちん—床材が痛まないので長持ち—まだまだ貼り替えないでいいや♪

—ペットたちも若いころからのケアで元気だ♪

 

と、なることも予想できます。これはそこまでオーバーな話でも何でもないと思います。

コーティングだと工事も基本的には一日で終了ですし、ものすごい音も出ないので

ワンちゃん猫ちゃんも安心かもしれませんね。

ワックスをご自分でかけたことのある方ならご存知かもしれませんが、髪の毛や

ホコリの巻き込み・・・

これもコーティングなら激減できます。

すぐに乾いて歩行可能になりますしワンちゃん猫ちゃんが万が一舐めても

何の問題もありません。

これだけ付加価値のあるコーティング技術はこれから注目の的かもしれませんね。