東京埼玉のペットリフォーム会社OkaDen

東京都杉並区にて愛猫と家族のペット共生住宅リノベーション

今回は東京都杉並区のお客様宅にてペットリノベーションをさせてもらいました。

猫ちゃんが2階のリビングに来てしまうとそこにいるお子さんのアレルギーが出てしまうとのことで

リビングでお子さんが活動しているときに猫ちゃんの出入りを制限したいとのことでした。

間取りとしては、リビング階段なので現在は1階から3階までは猫ちゃんが自由に行き来できる構造です。

また、1階に猫ちゃんがいるときに1階の部屋と廊下、階段の登りきったところまでは自由にさせて

あげたいとのこと。

【工事前:リビング入口】

【工事前:1階廊下、居室ドア】

そこで今回は階段の上がり切った部分(リビングの入り口)に建具と付け、猫ちゃんの出入りを

制限することにしました。

また、1階では、居室のドアを開けっ放しにしておかなくてもいいように、ドアに猫ちゃんくぐり扉

を取り付けます。

お客様と打ち合わせを重ね、リビング入り口の建具に関しては、ドアだと、開くスペースを考慮すると

リビングの有効スペースが少なくなってしまうことや、引戸にして階段の上がり切ったところすぐのところに

取り付けると、降りる際に危険が伴う(ドアを開けてすぐに下りる階段だととても危険です)ことを考慮して

区画壁を一部作成し、その上で建具を通常のドアでも引戸でもない【折戸ドア】という商品を採用し、

降りる際の危険とドアの開け閉めスペースによる有効スペースの減少、その両方を軽減したプランにしました。

【工事後:閉じた状態】

【工事後:開き途中】

【工事後:開き切った状態】

こんな感じで正面側、奥側両方に少しずつ扉が折れてせり出す構造により

通常の開きドアよりもずっとスペースが少なくて済みます。

区画の壁も作成することによりリビングから1階に降りる際にも、扉を開けて

1歩目はまだリビングの床と同じ高さレベルの床があり、安全です。

もちろん猫ちゃんの出入りも自由に制限できます。簡易的な鍵もついています。

そして1階のドアにも

このように猫ちゃん用ペットくぐり扉も取り付けました。

このペット用扉は、猫ちゃんの出入りを制限することもできます。

くぐるところのフラップもこんな感じで柔らかい素材です。

 

以上が今回のペットリフォーム工事の内容となります。